vedanaとは

 

サンスクリット語で、仏教の五蘊(ごうん)の中の受蘊(じゅうん)のこと。

 

五蘊(ごうん)とは、人の肉体と精神を構成する5つのあつまり「色・受・想・行・識」

 

その中の2番目にあたるヴェーダーナ 受蘊(じゅうん)とは

感覚、感じて受け取ること。

からだの内外の変化を感じる、からだの智慧のこと。

 

からだに備わるすべての感覚を通して

からだとこころのバランスをととのえるお手伝いをいたします。