分子栄養学とは

 

分子栄養整合医学、オーソモレキュラー医学、栄養療法とも呼ばています。

私たちのからだは60兆個もの細胞でできていると言われています。

星の数ほどの細胞の中では

命そのものを維持するためのエネルギーをつくったり

たんぱく質をリサイクルしたり

体の外から入り込む細菌やウィルスと戦ったり

体内に入った有害物質を排出してくれています。

 

もし、細胞がはたらくために必要な栄養が不足すれば

生きていくために必要な機能が弱まり様々な病や症状の原因になり

その症状は肉体的なものだけでなく、精神的なものも含まれます。

 

細胞の元気は、からだとこころの元気。

 

分子栄養学では

細胞、そして分子レベルからからだの状態を把握し

現在あるからだの症状や状態の根本原因を探し

不足している栄養を補うことで細胞のはたらきを助けて

病気の予防や健康維持、今ある症状を改善していきます。

 

細胞、分子レベルでカラダを整えようと考えるのが分子栄養学です。

 

 

 

分子栄養学的の栄養解析には

血液検査

毛髪ミネラル検査

尿中有機酸検査

総合便検査などを用いて行います。

 

血液検査の結果は健康診断や人間ドッグなどでも可能ですが

より正確にお身体の状態をみるためには分子栄養学的な血液検査の結果をお持ちいただくことをお勧めいたします。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です