こころをみて、からだをみる。

 

からだに不調があったときは、自分の内側をみてみる。

その痛みをだす原因が、心の中に見つかるかもしれない。

東洋医学でも五臓の状態を顔や目、皮膚、舌でも診たりする。

五臓のはたらきの乱れの原因のひとつはこころ。

 

自分と向き合い、本当の自分を探る。

何かないか。

怒りや不安や焦り、悲しみ、無力感。

それを拭うための行動をしていれば、いずれ疲れる。

 

その感情の原因には、刷り込まれた常識や思い込み。

これをせねばならない、こうでなくてはならない、とか。

そのルーツは、親にあることが多いように思うけど。

それを受け入れて許せなければ、その代償は子供にいくだろうな。

 

自分の内側を見つけて、それですっきりその症状が治ることは結構ある。

でも

からだをみることを、忘れちゃいけない。

 

その部位に

からだに意識をむけて、からだを感じる。

 

例えば目の下ひとつ。

目の下のクマには親子関係、血縁関係のことが現れることがあるという。

でも、そもそもに

栄養不足や胃腸の粘膜の炎症、お腹の中のカビなんかで

貧血があれば、それをなおすことが先決。

 

なおすための行動すらできないのなら

できない理由をみる。

 

自ら問題を起こし、用事を増やし

なおすための行動をする時間も気力も奪っているのも

結局は自分。

 

そこをすっ飛ばすから

自分もしんどい。

ついでに、そのとばっちりは家族にもひろがる。

 

こころをみて、からだもみる。

ここは、セット。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です