甘いものがやめられないのも症状である

その理由には血糖値のコントロールができているかどうか、というのがあるよ

っていう話でした。 → ★ 

 

 

甘いものがやめられない理由の続きの前に

ちょいと余談。

 

 

分子栄養学でよく用いる検査に毛髪ミネラル検査があって

体内のミネラルの過不足や

重金属の排泄能力なんかをみていく。

 

もし重金属の排泄能力が弱くて体内での蓄積が考えられるならば

どんなに良いサプリを取ろうが

どんなに体に必要なもの食べようが

望む効果が出てこない。

 

例えば水銀の蓄積そのものが

副腎疲労やカンジタとか

頑固で人の言うこと聞かないとか

頭がボーっとしたら集中力がないとか

様々な症状や性格の原因になる。

 

そしてミトコンドリア機能も邪魔するから不妊とかにも大きな影響あり、と。

まず重金属をちゃんとデトックスから妊活するって人が結構いるよね。

だって、妊娠してたら排泄先には胎児、ということにもなってまうもの。

特に症状ないからって侮ることなかれ。

 

特に日本人は水銀の摂取量が多いから

どの程度摂取しているかよりも

そこをちゃんと出せているか、排泄機能はどうかっていうのはかなり重要ですよ。

 

肝機能やメチレーションと呼ばれる遺伝子情報の発現に関わるところは

排泄機能、いわゆるデトックスの能力に多大なる影響がある。

その辺りも分子栄養学では血液検査とか尿検査とかで読み解いていったりするんですけども。

 

毛髪ミネラル検査はこの辺りの能力を見ていくには早い。

これ私の結果。2年以上前のですけども。

毛髪検査なので、数ヶ月間くらいの長期の状態を見られるのが特徴。

 

この検査の読み方のルールっていうのがありまして。

その辺りを学びたい方は分子栄養学実践講座で一緒に勉強しましょ(笑) → ★ 

 

この結果を見るにとりあえず、まあ重金属の排泄能力は保たれているかな、と。

ここがクリアになっているかどうかは

この先どうしていくかに結構大きな影響がある。

 

ちょいと簡単に、さらっと見てみると

この棒が長いってことは出ているっていうこと。

水銀は出ているは出せてはいるけど、排泄能力が元気だったらもっと出せているかも。

 

んで目立つアルミニウムの棒。

出ておりますね。

 

アルミニウムが出ているってことは摂取量が多いということ。

多いのが調理器具や制酸剤(胃薬)、制汗剤、ベーキングパウダーなど。

 

ここ数年の生活の中では覚えがないのよね。

だからこそ怪しいのは、育った環境かなあ。

 

ケーキ屋だったんです、家が。

ベーキングパウダー使ってましたもんね。

今はアルミニウムフリーのものが多いけど、その頃どうだったのかは不明。

排泄には時間かかるんだなあ、と。

甘いものたくさん食べてきたもので。はい。

 

 

そして下の方のナトリウムとカリウムをみると

副腎疲労はあるかなって感じ。

 

副腎疲労の最大の原因はストレス。

ストレスで副腎に負担をかけていると毛髪中のナトリウム、カリウムは増える。

消費してるってこと。

でも副腎疲労が進むと少なくなる。

消費するものすらない末期ってことね。

そんなんだったら、明らかに日常生活に支障をきたす症状が出てるはず。

 

 

副腎から分泌されているコルチゾールというホルモンは血糖値を上げる。

甘いもの食べて血糖値が急に上がれば、急に下がる。

下がりすぎたら人間死んでしまうし

眠くなったり、だるいし頭がぼーっとする。

だから血糖値を上げようとコルチゾールが分泌される。

 

これも副腎機能への負担。血糖値を上げ下げしすぎる食事もストレスよね。

コルチゾールはメンタルにもくるから

イライラとキレたかと思えば落ち込んだり

コロコロと気分は変わる。

女心がコロコロ変わるのはここにもありますね。

 

 

副腎疲労の状態だったら分泌そのものの瞬発力もなくって

血糖値のコントロールが下手くそ。

だから、手っ取り早く血糖値を上げる甘いものを欲するってのもある。

 

 

ところで

アルミニウムはマグネシウムの拮抗ミネラル。

マグネシウムはミトコンドリア機能、細胞内のエネルギー産生には必須。

エネルギーが足りなければ

依存型のこんな状態にもなり得る → ★ 

 

マグネシウムは人間の体内で絶えず起こる化学反応、その300以上の酵素に関わる。

とにかく

体内の生理機能のほとんどに関わるってくらい重要なミネラル。

 

だけど

日本は軟水だし

塩や味噌、醤油なんかの食品に含まれるマグネシウムも昔より激減しているから

ほとんどの人はマグネシウム欠乏。

 

さらに蓄積されたアルミニウムが邪魔をするかも。

地味にね、いろんな邪魔をしてくれるのがアルミニウムらしい。

 

でも逆を言えば、拮抗ミネラルであるマグネシウムをちゃんと摂ることで

アルミニウムの排泄を助けてくれるかもしれない。

 

マグネシウムの吸収は難しい。

日々のちょい足しで補うのが吉。

 

お茶や味噌汁とか

飲み物や食べるものににがりをちょい足しするとか

エプソムソルトをお風呂にドバーッて入れて経皮吸収するといい。

筋肉を弛緩させてくれるから、肉体疲労や体の凝りが強いときにもいいし。

 

 

副腎をどうやって休ませるかっていうのは

その人それぞれの根幹から取り掛からないとってことが多いかなあ。

休めっていっても休めない人が多いもの。

 

何でもいいんですけどね、その方法は。

私は分子栄養学の科学的な解読と

その人の体に触れたり、鍼をしたり

シンギングボウルでチャクラの音を聴いたりして

根っこを探そうとしているわけです。

今日会った人との会話に出たので毛髪ミネラル検査の話でした。

もっとたくさんわかることはあるけども、簡単なご紹介。

私もまたやってみよっかなー。

 

 

 

セミナー情報

・7月29日   元町ヨガスタジオ スンダリ

はじめての分子栄養学vol.3

分子栄養学に触れるヨガ&スープカフェ

副腎疲労のためのヨガ  〜ヨガによるカラダとココロの生理的変化〜

お申し込み・詳細はこちら → ★

 

 

・8月25日   神戸産業振興センター

はじめての分子栄養学vol.4

生きている今だからできる栄養の話 病気と一緒に生きる人へ

 

 

ヨガクラス

・vedanaヨガクラス

8月4日 14:00〜15:30 お子様とご一緒に受けていただけます

垂水駅前プライベートスペースにて(ご予約時にご連絡いたします)

 

8月21日 10:30〜12:00

垂水駅前ヨガスタジオ ティケティケにて