シンギングボウル ヒーリングについて

 

シンギングボウルのヒーリングでしていただくことは

ただ寝ているだけ。

寝ているところに

ティンシャと

7つ(時には8つ)のシンギングボウルの音を響かせていきます。

 

シンギングボウルの倍音の波紋を受けると

寝ているような寝ていないような

ふわふわと異空間に浮かんでいるような

瞑想しているような

何とも表現しがたい、心地よい状態に入ります。

 

シンギングボウルはあくまでチャクラの状態を表面化するための道具。

心身の状態を内面から

フィジカルにもスピリチュアルにも聴きだし

そしてととのえる。

 

 

チャクラとはいわば

からだとこころをつながるところ。

例えば

からだ、フィジカルな痛みの原因が

こころ、スピリチュアルにあるということもありますし

その逆もあります。

からだもこころも

フィジカルもスピリチュアルも

チャクラには両方が現れてきます。

 

もしそこに何か気になるものがあるとしたら

からだやこころに何かあるということ。

 

 

 

その乱れをととのえるために

はりや精油をからだに施していきます。

不思議なほど

はりや精油によって、音ががらりと変わってくる。

 

 

すべて終わった後は

音から読み解く、今のその方に必要と感じることをお伝えします。

 

今後のことかもしれませんし

潜在意識のことかもしれませんし

ヨガや食事のことかもしれません。

 

フィジカル、スピリチュアル両面からととのったからだは

まっさらな状態に戻り

すべての余計な力が抜け

軸がぶれず地に足ついた状態。

全てを許し受け入れる完全にくつろいだ状態にあれば

おのずと向こうからやってきて

いろんなことがうまく回ってくるもの。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です