分子栄養学・チャクラから考える痩せにくい人

人生に充足感のない人

なんかが足りない、満たされない

と感じている人は(無意識にも)は痩せにくい

と思う。

.

足りない

例えば

 ドーパミンという脳な神経神経伝達物質。

.

これは

意欲や快楽

なんかに関係している物質。

.

なんかいいことあるかも?やってみよ!

って時にドーパミンは出るそうな。

.

その結果

うまいこといったりすると

満たされる

幸せー

ってわけね。

.

このドーパミンは

フェニルアラニン、という名前のアミノ酸

要は、たんぱく質から作られる。

.

L-フェニルアラニン →  L-チロシン  →  L-ドーパ  →  ドーパミン 

.

ドーパミン作るだけでも大変ですなあ。

体の中では日々色んなことが起こっているのですよ。

.

ドーパミンが足りなければ

何かをやる意欲が少ないから動かない

だから

満たされない

.

するとね

一瞬でも満たされた気分を味わいたくなるんですよ。

そして何かで満たされた気分を味わったらやめられなくなる。

これが依存。

.

コーヒーを飲む

甘いものを食べる

乳製品が好き

こんなのは、代表的。

.

ちょっと検索したらでてきたフリー画像。

全てそろってた笑

 

こういうのを摂取すれば

交感神経優位になるし

血糖値をあげるし

肉体的に元気になったような、気がする。

満たされる。

だからやめられない。

.

栄養状態や体格によっては

血糖値のコントロールがうまくいかないから

なおのこと甘いものには依存しやすいね。

.

ドーパミンは依存症と関係しているから

極端なアルコールやギャンブル依存だけでなく

スピリチュアルに傾倒したり

セミナージプシーだったり

何かにはまっては飽きる

を繰り返している人にも言えるかもしれない。

.

.

これ、チャクラで考えると第2、3チャクラとか。

.

直感のままに行動する。

これができない。

そもそも直感、自分が何が好きで何をしたいのか

すら感じられないことも多々もある。

だからいつも何か不足感がある。

.

第2~3チャクラは8~21歳位に発達するというから

成長期、思春期の食習慣は

大人になっての食習慣につながるだろうし

この時期、どうやって自分の願望を満たしてきたかとか

肉体にも、性格にも多大な影響がある。

.

スピリチュアルでいうと

糖質依存は愛情不足、なんだそうだ。

あるあるですわ。

愛情不足で満たされないものを食で満たす、とな。

.

.

なかなか痩せない、と思ってる人は

足りないものを何で満たすか?

依存し続けますか?独立しますか?

.

ドーパミンが体内でつくられやすい食習慣にするってのもありですよ。

自分の土台を省みるってのもありですよ。


*募集中のセミナー

5/31(金)  今日から使える♡ 栄養PLUS+α〜キッチン分子栄養学編

6/21(金) ヘルシー&ビューティーをつくる 栄養PLUS+α 〜からだとこころの効く食事編〜

 

*近日募集予定のセミナー

 

7月21日(金) 腸内環境が変われば人生が変わる?!〜腸内環境編〜

6月〜7月    シンギングボウルヒーリング〜ゆったりとくつろぐ時間 @垂水駅周辺

 

Follow me!

画像をアップロード

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。
ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。